2016年11月25日

ヘッジホッグスタジオの神対応について

image


今月の上旬の事、私がメインで使用している14カルディアのリールが調子が悪くなった。

ゴリ感が酷すぎる…

釣行後の洗浄のみで、マグシールドを無理やりバラすような器用な事は出来ず、1年半が経過した。

ざっと数えても5回以上は転びぶつけた記憶がある。

このまま使用するのも危険なので、ヘッジホッグスタジオに依頼してみることにした。

だがしかし!!

危険な状態は既に始まっていた…

今回はヘッジホッグスタジオのインプレを書いていく。



ヘッジホッグスタジオって??

まず、何故メーカーメンテナンスよりヘッジホッグスタジオを選んだかと言うと、ネットで検索するとダイワのメーカーメンテナンスは結構いい加減な印象。(勿論、良い評判もある、あくまで主観)

ヘッジホッグスタジオはリールのメンテナンスは勿論、カスタムチューンも対応し、カスタムパーツも販売していたり、リールの知識なら神スペックだろう。

簡単に流れを説明すると、
  1. 電話かメールで混み具合を確認し、依頼宣言をする。
  2. PDFファイルを印刷し記入したらリールと一緒に同封する。(定形外郵便で送ったとしても往復の送料は約1000円弱)
  3. ヘッジホッグスタジオから連絡が入り、どうするか決める。(プランを提示してくれる場合もある)
  4. 時間が空いてれば届いた日に作業をしてもらえるので早ければ翌日には発送してもらえる。(部品交換で部品が不足してるとそれなりに時間がかかる)
私は、費用が安く収まればカスタムも希望と依頼書に記入して送った。

ちなみに電話で依頼したのだが、電話対応も非常に明るく話しやすいので気楽にイケる。

平日の昼間だった事で気を遣ってくれたんだと思うが私の元に1通のメールが届いた。(依頼書に連絡受け取り方法を選択できる)

ヘッジホッグスタジオはこんな感じ

 
リールの状態と同じくらい気になる金額のお話

内容はこうだ。

>> 14カルディア2508H
>> 本日作業を進めて不具合箇所を調べましたところ、
>> ラインローラーが破壊されて、部品が2分裂しており、関係部品やベアリングが外せない状態です。
>> また、内部のベアリング5個磨耗しており、ゴロ感がある状態です。

「マジか!!!」


こんな感じと、
image


こんな感じだったらしい。 
image

金額(消費税、送料込み)はざっとこんな感じ。
  1. ゴリ感残るけど釣りはさせてやんよ(約10,000円)
  2. しょうがねぇな、買った時に戻してやんよ(約15,000円)
  3. 買った状態に戻して…からのぉ~フルカスタムいっとく??(約25,000円) 
さあ、選びたまえ。(当然だが、実際はものすごく明るくて丁寧な口調)

1はねえよ、だってゴリ感残るんでしょ??
2とか新品買った方がいいっしょ??
3?いやいや、ルビアス買うから


難しい選択に見えたが、数分で答えは決まっていた。

まさかの…







「3!!」

もう一度言う。

前借り制度を利用しての…

「3!!」

前借り制度ってなんなのさ??

私が勤めている会社では、たまに「残業」と呼ばれるお金が降ってくるシステムがある。

積極的に参加すれば今月苦しくても、来月で帳消しにしちゃうぞという事を私だけ前借り制度と呼んでいる。

最後はくだらない話になってしまったが、今回のメンテナンス&カスタムについて決して後悔はしていない。

寧ろ大満足だ。

明るくて親切、そして迅速で正確な作業の対応。

太っ腹な対応をしたせいか、戻ってきた時にこう書いてあった。

「スプールに傷があったので研磨いたしました、万が一ラインが切れるようでしたらスプール交換をした方が良いかもしれません」と…

この勢いでアルテグラも依頼してしまったぜ。

最後に、この記事は決してダイワさんを悪く言うつもりはなく、私自身がもっと大切に道具を扱っていかねばという想いのみで書かせていただきました。

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く




maxrap at 10:39 
インプレ