2016年11月18日

秋のウェーディングシーバス

image



どうやらヒラメが上がってるらしい。

人ごみを避け、惨敗中だった私は釣れてるポイントに少しだけ夢中になってみた。

仕事で、

「早出出勤出来る方お願いします」と言われ、

image
 
こっちで早出をし、釣果情報に踊らされ精一杯踊った。

入れ替わりの人数を足せば、2回の釣行で30人以上は居ただろう。

誰一人釣れていない。

「人が多いから誰かしら釣れるし、釣れてるように見える」という結論に至った。 

だから久しぶりの更新、今回はシーバス。


予想以上に苦戦

前回の釣行で、多少の時合いは掴めた河川のウェーディングゲーム。

ほぼ理想通りの時間にエントリー。

数10秒差で私の前にいたアングラーに場所を取られる展開。

30m程距離を取り、実釣スタート。

前回は固めのタックルだったが、今回はいつものシーバスタックル。

ロッド:モアザン87LMX・W  
リール:14カルディア 2508H
ライン:よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 0.8号
リーダー:DUEL パワーリーダー ナイロカーボン 16lb
スナップ:エバーグリーンワイドスナップ #1

静かな夜に私と見知らぬ先行者のルアーボックスを開閉する音が響き渡る…

回遊待ちには変わりないが、絶対ここにステイすると思い、バイブレーション封印ルールを作る。

お互いにヒットまでは持ち込めず、私に限ってはノーバイト。

潮の影響で良いヨレと流れが悪い方向へと動き出す。

例え夜で30mくらい離れていても、先行者も同じ気持ちだろう…早いペースでルアーチェンジを行っていたのが一辺倒になっている。

それが3時間も続いた頃…

先行者がこちらへと近づいてきた。

先行者「どうですか??」

「なんっもないです」

先行者「2~3日前はこのタイミングでボイルしまくりだったんですけどね」

「そうですか」

先行者「時合い終わったと思うので帰ります」

そう言うと、先行者は帰って行った。

潮止まり前とはいえ、動き出すまでやった方がいいのでは?と思ったが、その人の考えがあるのだろう。

私の予定ではまだやる予定だったので改めて続行することにした。



落ちピースパターン

開始から4時間が経とうとし、未だノーバイト。

先行者が叩きまくったポイントへ入る。

潮が動き出すまでシンペンのみを投げる。

荒れたポイントを極力静かにそして、潮の変化が起きた時にミノー等を投げる作戦。

ニーサン、ドリペン90、スイッチヒッター85、ヨレヨレ、パンチライン80、ピース80ぶっ飛びver、アダージョ105、ガルバ73。

アップキャストでドリフトの速さ、沈降速度を確認しながらレンジも意識し1つずつ投げていく。

軽いルアーだと思った以上に流されると判断した後、ピース80ぶっとびverを投げる。

さすがぶっとびというだけあって、飛距離はスイッチヒッターと同等、もしくはそれ以上か…

良いスピードでドリフトしていき、ターンした後、ロッドを立ててチンタラ巻いていると…

「ゴン」

すぐにエラ洗いでシーバスと分かるもサイズよりも気になる事…

「遠すぎやしw」


中々デカイんじゃないか…

ライトゲーム主体で久々のナイスサイズのシーバスとのファイト。

絶対ルアー外れるわというくらいにエラ洗いをされまくる。

ラインテンションがかかっていない状態で3発のエラ洗いを耐えた。

image

エラ洗いで体高からしたら70前後を期待したが、60ジャストのヒラスズキ。

image

掛った所が良かった事は運があった。

実は途中、腹痛を起こしトイレ(大)に行きたくて、ルアー交換で手が震えていたのは内緒。

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く