2016年11月12日

ヒラメ狙うも…

image


昨日のお話…

前回下見をした某河口でのヒラメ計画。

約1年ぶりのポイント、地形把握の為、前回下見をしていた。

ウェーディング前提でディープウェーディングだと危険と判断した私は、シャローウェーディングで長めのロッドで飛距離をカバーする作戦をとった。

チニングを完全に捨てて、ヒラメゲットに賭けた。


外道パラダイス

ネットで調べれば、各地でヒラメが上がっているが、去年1度だけ釣果のあるポイントに入ったがあまりに窮屈な釣行だったので、敢えて人が少ないであろうポイントに絞った。

タックルはこんな感じ。

ロッド:ディアルーナXR  1006M
リール:12アルテグラ 4000HG
ライン:よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 1.2号
リーダー:DUEL パワーリーダー ナイロカーボン 25lb
スナップ:エバーグリーンワイドスナップ #1

下げ潮でエントリー、ディブル65TGを一定の速度で巻く。

途中で底に当たりだす…

ここにもブレイクが…

釣果よりも地形を探る、前回の続きが始まる。

全て含めても3回くらいしか訪れた事のないエリアで深夜の中、模索する自分だけが延々と色々なルアーを投げるがバイトはない。

明るくなってくる頃、視界も良好になり、ブレイクと流れが重なるポイントで粘る事に。

潮位も下がり、気配は良好の中、ジャクソンの鉄PANバイブ20gをチョイス。

着水と同時に巻いてみる…

「コツン」


何かが掛った!!

シーバスにしては引きが弱くエラ洗いもない。

「何やろ…」

image

どうやら、メッキが入ってきてるようだ。

このタックルでは物足りなさを感じるが、しばし遊ぶ事に…

2投に1回はバイトがあるが、ロッドが弾くせいか、腕のせいか乗せる事が出来ない。

image

image

改めてヒラメを狙おうと、ジグに1000円はかけてなるものかと全否定していたが、何故かいつの間にか購入していたフリッパー30gにチェンジ。

早く底をとって4~5回ジャークしてフォールをさせる。

「コツン」

もしや…と思うも束の間、引きが弱い。

まさかとは思ったが案の定…

image







image

お疲れ様でした。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く