2016年09月11日

ブルーカレント用にティップカバーとロッドベルトを買ってみた

 

釣り仲間は言った。

「仕事終わったら、釣りに行く予定だけど、ヴァンキッシュを車に置いて仕事をするワケにはいかない」と…

サブタックルを車に積んでいた。

オレは思った。

なんて粗末に道具を扱っているんだと…

小さなお買い物

私の場合、買った直後は生まれたての赤ちゃんのように大切に、まあそれはそれは大切に扱う。

ティップを軽くぶつけたくらいで、

「大切なロッドが通るんだ、壁がそこにあったら邪魔だろ」と、舌打ちをかます。

3回ほどぶつける…

何も思わなくなる…

ポイントを変える時なんかは、ラインも巻き取らずジョイント部分だけを外して、車にポンだ。

いつしか、

「ロッドなげーよ、ちゃんと治まらんかーい」となる。

救いなのは釣行後のメンテはガイドの中までしっかり行う事だ。

だがこれではいけない…

守ってあげようと思った…

そして…

image

買っちまった。

ネオプレーン素材で高級感がある。

image

本当はRBBで統一したかったのだが、これだと大きすぎた。

image

どうやらブルーカレントにはSサイズがぴったりだったようだ。

これからもよろしく頼むわ。

ありがとうございました。


他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く