2016年08月30日

強風の中、ズル引いてみた

150906123959_TP_V1


一晩で気温は一気に下がり、強風が吹き荒れる始末。

この強風が厄介で、場所選びに苦労する。

こういう時は風が当たりにくい場所でやってみるかと近場でのズル引きチニング。

数日の疲れで早めに睡眠⇒結果早起き⇒時合いまでの暇つぶし









image

チビレ祭り

風速は4~5mの予報。

場所によってはそれ以上orそれ以下の風速なのだが、通い詰めていれば勝負できる風速はある程度熟知出来る。

従って、風の影響をあまり受けない場所を選んだが、ギリギリ勝負できるレベル。

直リグ(MKリグ)で流速に応じたオモリ1号(3.75g)を付ける。

私はライトなウェイトを好むが強風となると話は変わってくる。

ボトムが取りにくかったり、アタリが分かりづらかったり、強風は厄介な敵でもある。

とある橋脚部、上流からの横風で流れがぶつかり、橋脚にぶつかった下流側で緩くなる所を狙う。

私の場合、真っ直ぐ~下流側に投げ、姿勢も斜め~横を向き風を背にして釣りを行う。

上流側から流すのがセオリーらしいが、実際ダウンクロスでも問題なく釣れる。

水温を確認すると、かなり温い。

高活性を期待しつつ、リトリーブはロッドで行う。

個人的にリールを巻くよりかは根掛りもしにくいと思っている。

アタリはあるが魚が小さい。

所で、

「魚が小さい時はこのワーム」という商品を見かけるが、正直な話、自分も試行錯誤してカットしたり小さくして付けた事があるが、結局は針を小さくしない事には何も変わらないという結果になった。

あと私の実践上のズル引きで、

「ワームが食われてる、チヌやったかな」というパターンは多分チヌでない事が多い。

確かにワームの一部が食われるパターンもあるが、大抵はこのように

image

ズレたり、針の向きが変わってたりすることが多い。

アタリに気づかないで特に後ろだけ食われてるようだったら、他の小さい魚の可能性が非常に高い。

話を戻して、ショートバイトに苦戦する中、ようやく乗せたものの…

image

30cm弱だったが、前々から言っているが感度が良すぎる分、かなり強めのバイトに感じた。

少し高級なタックルに変えても、慣れるまでは数を釣らないとな。

スーパー時合いタイムに入ったのか3連続でヒット。

image



フォール中のラッキーヒット。個人的にバグアンツはフォール中の相性が良い。
このオモリの重さだったから取れたと思い込む。
image



良い意味で感度のせいでデカい気がするが、結局は小さいんだろうなと32cm。
image

image

数に拘ったと言い訳をして本日の所は

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く