2016年08月23日

初心者のトップチニング

 

今回初めて、デイゲームのトップチニングをしてきた。

先に結果を言ってしまうとノーフィッシュに終わったのだが、色々と可能性が感じられる釣行となった。



トップチニングについての考え

私が考えるトップチニングのイメージを率直に言うとかなり難しいと思う。

トップチニングは基本デイゲーム(明るい時間帯)が主体なので見切られやすく、まして水面のルアーを食わせるとなると難易度は高い。

実際に釣ってる方というのは少ないはずだ。

逆に言えば、その難しい事をあれこれ考えてやるのが面白い。

全ての釣りにあてはまるか分からないが、私が思うに魚を釣る上で大切なのは場所70%、腕20%、タックル10%だと考える。

ま、いくら高級な道具揃えようが、狙った所にきっちりルアーを通せても魚が居ないと何も始まらない。

ポイントの選択

歯医者の予約を取り消してまでデイゲームトップチニングに行くことに…

気になる某河口へ真昼間の干潮時にエントリー。

初めて行くポイントだったので、地形をチェック。

まずは河口付近の橋脚周り。

image

シェード(影になる部分)は外せない。

軽く探るが流れが強く、ここではないと判断。

トップチニングの実績はゼロなので、イメージしながらのポイント選択。

  • 河口に近い
  • ベイトが居る
  • 普段干上がってて、満潮時に50cm~1m位の水深になる
  • 流れの変化がある

これに当てはまりそうなポイントを発見。

だが、

「デビュー戦では釣れない、今回のブログはルアー紹介が中心になりそう」と写真撮影もしっかり行う。

まずはTDソルトペンシル70F
image
7cm、4.5gの割には飛距離は出る。

ただ強風時や強い流れだと使えないイメージ。


フェイキードッグ
image
定番中の定番。

重さのせいもあるが、飛距離は1、2を争う。


POPPING DUCK
image
細い形状で、少しのアクションで力強い音を出してくれる。
 
 
潮が満ちてくるまでは、アクションとロッド操作の練習に充てた。



出ただけ…

夕マヅメが近づくにつれて、潮位も増してきた。

立ち位置の水深はふくらはぎくらいで、ゴロタ石が点在しまくる。

時折、ベイトにかすって小さなしぶきが出るくらいで何も起きない。

何も起きないルアーを見つめる作業が苦痛に感じてきた。

ランガンしていると、目が覚めるような光景を目の当たりにする。

なんと私の右横の砂地にアカエイがっ!!!!!!!!

「うわっ!!!」と声を出しながら逃げるとアカエイも沖へと姿を消した。

こんな浅い所にもいるんだとそれからビビり、完全に陸地からのキャスト。

そこへ、アングラーらしきモノが…

image

チヌ狙いか…

恐らくもっと小さい小魚だろう…

薄暗くなった時…

フェイキードッグを通すと、右から

「ドカーン」

「出たて…」


バイトシーンが見れるからトップは面白いんですよね!!!

と、

何かの動画で言ってた記憶を思い出す。

だが、

「ちゃんと食えや、ボケが」

まだトップの面白さを分かっていない奴からの釣行記でした。

ありがとうございました。




他の九州の釣りブログを見に行く


他のチニングのブログを見に行く