2016年08月13日

遠征チニング~釣行毎に募るはがゆい想い~

 

お盆前の束の間の連休。

以外と釣りが出来る時間はあまりなかったが、時間を見つけて懲りずに遠征に行ってきた。

車を1時間以上も走らせてまで行くのには、はっきりとした理由がある。

「間違いなく、地元よりデカイ魚が入っているから」

今回で3回目となる釣行だが、過去2回は間違いなく良いサイズが入っていると確信した。

この歯痒い気持ちに終止符を打つため、時合いは気にせず河川へと向かった…

ワインド縛り

エリア一帯の水深は1mもない。

立ち位置は水深50cmくらい、最初のブレイクポイントに付く魚を狙う。

当然貸し切りで、理由も明確すぎる。

大量の水草が絡む事で、ズル引く事も、プラグを使用する事も許されない。

当初はトップチニングがしたくて、このエリアに来たのだが、トップウォーターさえも許してはくれないとなると、必然的にアングラーは皆無。

さて、どうする…

歯痒さだけ残る

タンクヘッド(フットボール型ジグヘッド)とデルタマジック(ワインド用ジグヘッド)で探ることにした。

それくらいしか水草を交わす自信がない。

どちらのジグヘッドもボトムをとったら、2~3回軽くしゃくり、フォール中やフォール後でヒットさせる。

2つのジグヘッドの使い分けは、同じ重さならタンクヘッドの方が飛距離に軍配が上がる為というただそれだけ…

まずは水草が少なそうなトレースポイントを探り、しゃくる時に水草をジグヘッドから離していく。

水草が大量に絡み、重さを感じたら回収を繰り返す作業。

ズル引きとは違い、いきなり本アタリのケースもよくある。

妄想中の私は、今回も一瞬の本アタリにフッキングを決めきれず、チャンスを逃した。

運が良ければ、何もしなくても勝手に魚が乗ってくれるのだが、今回は一瞬の判断が勝負を決める形となった。

ネットの情報では「40UPもたくさんいます!!!」とのことで、確かにいるかもしれない。

良いサイズは焦らされ、こういうサイズは釣れるんだな…

image

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く