2016年08月06日

「ミキティー!!!」ではなく「マナティー!!!」

 

先日のチニング釣行、夜はのんびりとワインドでチビレを釣ったが、朝マヅメにはある狙いがあった…

image
 
ワインドは昼間のイメージが強いが、夜の橋付近の明部では以外と釣れたりもするのかな。



遠征トップチニングを計画

「夏はトップゲーム」が熱いと釣果のない私が言うのもどうかと思うが、1年の内のほんの数か月しか味わう事が出来ないトップチニングをしないワケにはいかないと、朝マヅメのトップチニングを計画。

夜はズル引きメイン→明け方に遠征→マヅメ到着からのトップチニングの流れに今後はなっていくだろう。



充実のアウェイ釣行

遠征ということで、近郊河川が中心の私からすると、ほとんどの河川は未開拓。

3~4つの河川が候補に挙がり、最終的に1つに絞った。

グーグルマップを見ながら向かうが、最後まで駐車できそうなポイントが見つからない。

ポイントが絞れても駐車スペースには悩まされる。

細い路地に駐車禁止の標識はなく、対向車も充分に通れるスペースを発見。

行き当たりばったりとはいえ、この駐車スペースに大興奮した。

河川までは徒歩で充分な距離、とあるシャローエリアに貸し切りでエントリーした。

朝マヅメの上げ5、6分といったところでフェイキードッグとライズポップのローテで色んな方向にキャスト。

持参ルアーは保険の「マナティー38」「デルタマジック」以外はトップウォーターのみ。

2投に1度は草が絡み、苦戦を強いられる。

「ここではないか…」


アングラーが誰1人とやって来ないことに不安がよぎる。

グーグルマップを見渡すが、絶対にこの場所なら釣れてもいいはずだと、苦労した駐車スペースから移動させたくない想いが私を粘らせるが着いてくるチヌの姿など微塵もない…



ゴミのように拘りを捨てる

草が絡むという言い訳を作り、試しにワインドでやること数投でアタリを確認した。

こうなっては、トップの想いも何処にいったのやら…

私が使用しているデルタマジックというジグヘッドはヘビータイプで5gで初めてのポイントで広く探る為に使用。

これにマナティー38を着用させるのだが、ワームキーパーをしていないといとも簡単にワームがズレてしまう。

今回はワームキーパーをしていない為、ズレを防ぐためにダートは軽めにする。

初めは毎投ズレをチェックし、慣れてくるとズレないアクションの強さが分かってくる。

軽く2回ダートさせてのフォールを繰り返すと、ジワリと押さえつけるバイト。

チビレだとプルプル感が伝わるが、このバイトはチビレではない。

徐々に重くなる感触にダートさせるかどうかで悩み、最終的に離された形になった。

残念な想いでラインを回収していると、小さなアタリが…

「チビレか、なんやろ」

透き通った河川に見えてきたのは、スペシャルゲストの…

image

32~3センチと小さ目だが、初ポイントでの釣果にホット一安心だった。

ありがとうございました。
他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く