2016年07月16日

濁り河川のデイゲームをMKリグで攻略

 

本日のデイゲームのチニング釣行、前日に下見をしていた為、マイ河川の状況はある程度予測が出来ていた。

その予測と共に作戦を考えた。

その作戦とは…



釣行プラン

前日の夕方は激濁りの流速はほぼ通常運行だった。

釣行するまでの雨量を考えると、流速は問題なく濁りはどうなっているのかという考えだった。

油断してもしなくても根掛りが多発するエリアの為、直リグ(MKリグ)で早巻きメインで転がす作戦に至った。



安定のチビレパターン

ポイントに到着するまでに晴れたり、曇ったり、雨が降ったり不安定な天候に見舞われた。

状況を確認すると、流速は前日よりも弱く、濁りは相変わらずミルク無しのコーヒーみたいな感じだった。

1.5号(5.63g)のナス型オモリをつけて真っ直ぐ投げるが勝負できない流速。

本来なら2号(7.5g)をつけて流されないようにするのだが、潮位は1mちょい。

重くする程、動きも重くなり釣れないと感じるので、どうしても飛距離が欲しい時や水深がある場所でない限り、極力重くするのは控えるようにしている。

目安としては水深2mでも7gが理想で10gは重いと思っている。

2投目に際沿いをアップキャストで上流から流す。

シェイクしながら早巻き&ストップ。

ストップの最中に根掛りする感覚を感じたら早巻きで回避。

早く巻く事で濁りの中でアピールが出来ると思っている…と、前回のブログと全く同じパターン。

2投目で…



「コツン」



最近はチビレばかりだが、口がその分小さいから釣るのは難しいんだと自分を慰めている。

image





安定のウェーバーシュリンプのレッドカラー。

このワーム、フォールの姿勢も素晴らしくリフト&フォールの釣果も多い。

image





濁りはアカキンと、よく聞くフレーズを思い出し、アピール出来ると思い、金の針を使用。

image

毎回恒例のその後は乗せきれず、渋すぎの状況で単発終了となった。

最後に、寝かせていたストラディックci4+を使い始めました。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く