2016年06月10日

そこにプライドはなかった…

ANJ86_tukuenoshita20141115104929_TP_V1


前夜のチニング釣行計画、私は悩んでいた。

潮が動く夜中か潮止まりの朝マヅメに勝負を賭けるか…

本当はぶっ続けでやるのだが、体調が絶好調ではない。

悩んだ挙げ句、夜中にチニングをすることにした。



久々のマイポイント

エントリーのタイミングは下げ3~4分と決して良くはないが、自分の生活リズムでは夜中が一番活発に動けるので、何か釣れればと久々のマイポイントに行く事に…

最近は定番となっているジグヘッドリグでのチニング。

ズル引き、リフト&フォールと試すが30分何もなかった。

狭い足場で眩暈が起きる中、リフトさせた瞬間に最初のアタリがあった。

完全に食いにきたアタリだったが、うまく食えなかった為に一瞬で外れてしまった。

数分後、ズル引きの最中、ショートバイトから竿が徐々に重くなり寸止め状態になった。

我慢してもうイッテもいいだろうと思いっきりフッキングをかました。

0.3秒だけ乗ったがすぐに外れ、最近よくある早漏アワセに悔しさを口にした。

それからプライドを賭けたちょっとしたドラマが起きた…



身近な外道

ボトムワインドでドリフトさせることにした。

たまたま橋の灯りの明部にルアーが着水した。

ジグヘッドを上にアクションさせた時に流れの抵抗を受け、下流に流されていく。

暗部に差し掛かり、アクション入れた瞬間!!!

「コツン」


水面が「パシャパシャ」となった。

最近はシーバスもバラシまくっていたので、シーバスだと確信した。

チニングロッドでも弾いてしまうんではないかと心配になるくらいに小さい。

「これ、絶対バレる」と何度も連呼していた。

チーバスはとてもバラシやすく、以外と難しいと思っている。

私の足しか置けない場所で抜き上げる場所もなく、高さは2~3m。

この状況でチーバスと物凄く慎重にやりとりをしている私。

ここで2択の選択肢が浮かんだ。

抜き上げてラインを掴むか、プライドを完全に捨ててランディングネットで取り込むのか…

抜き上げる時に外れないだろうか…

ランディングネットはチーバスを入れてはいけない法律はなかったはずだ…

確実に取り込む事を選択した。

image

20cmくらいだったが結果、小さくてもボウズよりはいいだろうと開き直った。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く


他のチニングのブログを見に行く