2016年05月24日

MKリグで黒鯛ズドン!

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V1


使い方が雑だったのかランディングネットが10cmほど破れて、そのまま使用しているとバコバコと魚がずり落ちていたので、新しくネットだけを買った。




赤と青しかなくだいぶ妥協して買った。

届いてみて、

「これは赤です!!!」と言わんばかりに主張してくるデザインに交換する気が失せていた。

バカデカい魚は釣れてないし、ランディングしようと思えばできる場所もあるし、ネットは不要と思っていたが、万が一の事を考えて交換して夜中のチニングに行ってきた。


 
MKリグでズル引きランガン

今日は、大潮後の中潮。

とりあえず、ナス型のシンカーは1.5号(5.63g)、管付チヌ針は4号で夜はオレンジが良いという誰かの言葉が浮かんできたのでワーム(トレーラー)はチビチヌムシを装着。

image

数投でちょっとした事件

何も考えず、投げて巻く動作に幸せを感じていると、ワームの尻尾だけ食われてるのに気付いた。

通いなれてるポイントでのナイトチニングでは滅多に起きない。

月明かりがモロにあたっているせいか小魚が多いのではと感じた。

ワームが毎回かじられて釣りにならない事は恐れない。

それよりも一軍ワームがかじられまくる方が問題だ。

車まで戻って、ハードルアーを取りに行く事を考えたがここでちょっとした良い事が浮かんだ。

私だけではないと思うが、以外と使用するワームが偏ってくると、使用しないワームが出てきて全く減らない。

激安セールなんかがあると、使用した事がないワームまでも買ってしまう為、このような事が起きてしまう。

どうせかじられるならと思い、二軍ワームを投入した。

レインズ Gテールツインの2インチという私には馴染みのないワームを投げる。

微かなバイトがあるが確実にチヌのアタリではなく、確認するときれいにかじられていた。



お久しぶりです!

もう少しだけ辛抱しようと思い、外は明るく潮位もさほどないので、トップもありかもと思いながら投げていると…

「コツコツ…」


フグか…と微動だにしない。

「ククッ」

いや、チヌっぽいな…と我慢。

「ググググ、グーン」

思い切ってティップが入ったとは思わなかったが、とりあえずアワセた。

ファーストバイトの感覚から、大きくはないだろうとそれなりに楽しむイメージだったが、以外と重くなかなかのサイズだと確信した。

いつも浮いてくるタイミングで浮いてこない…

やたら突っ込む。

ドラグは1mmも出ていないが、これ以上負荷がかかるとドラグを少し緩めようと考えながら本気モードでファイトする。

主導権は互角だ。

浮いてきたのを確認して、すぐさまレッドカラーのあまり気に入らないネットに入れた。

image

赤すぎるぜ!!!

image

シンカーを食べにきたのかもしれない。

image

ジャスト40、今年3枚目の久々のクロダイだった。

それから、山口百恵の横須賀ストーリーを歌いながらやってみたが、バイトはあったものの「これっきり」だった。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く