2016年05月05日

MKリグを調べてやってみた

 

ネットで「チニング」「リグ」と検索してみた。

Mリグ、Oリグ、テキサスリグ、ビフテキリグ、ジグヘッドリグ、パンチショットリグ、MKリグ…

これらをひとまとめにして「直リグ(ジカリグ)」と呼ばれるらしい。


新しい事にチャレンジ

最近になって試したい事があった。

釣れる魚が小さいので、なんとかならないものかと…

「針を小さくしてみよう」と一人会議で決定した。


MKリグについて調べてみた

私が釣りにおいて求めるものは「釣果」「コスト」「簡単」の3つ。

まずはMKリグに目を付けてみた。

仕組みはというと、すごく簡単。

本来、右のラインはショックリーダーなのだが透明だとはっきり映らないので、今回はPEライン。

image




次に準備するものはナス型オモリと菅付(針に穴が開いてる)チヌ針。

ちなみにナス型オモリは1.5号。
1号は3.75gで1.5号だと5.63g。

チヌ針においては左の数字が小さいほど針も小さい。
今回購入した3号というのはかなり小さい方。

image




手に持ってるのが普段使用している3.5gのジグヘッドだが違いが分かる。

image




まず、スナップにチヌ針を通す。
針から通すことで、オモリを手軽に変更できるメリットがある。
あと、この向きがいいらしいという曖昧な表現。

image



ナス型オモリを通して完成。
重さは状況に合わせて使用。
image



本来の目的は、針を小さくして小さいチヌも釣れるかという事なので、ちびチヌムシで当分は縛ろうと思っている。
何回か部屋で落としてみたが、時々針が下を向いてしまう。
ネットでもこれはデメリットの1つとあった。
image


・かかった費用はと言うと…

ナス型オモリ:8個で120円(1個あたり15円)
チヌ針:12本入りで240円(1個あたり20円)

ジグヘッドの半額以下で簡単であとは釣果。

根掛りやトラブルも気になる所ではある。

最後に参考までに今回のチヌ針は3号を使用しているが、大抵は4~6号を使用している方が多い。

スナップはEGワイドスナップの#1だが、チヌ針の3号だとなんとか通すことができるレベルなので、針は穴の大きさをしっかり確認した方がいい。

とりあえず釣果が出るまで、このリグで実釣して、新しいリグにチャレンジして行こうと思う。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

maxrap at 18:08 
仕掛け