2016年04月20日

他人がロストしたルアーを探す気持ち

 



ブログで何回も書いているが、冬から先月くらいまで、河川のウェーディングに頻繁に通った。

結局チニングに切り替えて釣果は出たが、シーバスはまるっきりダメだった。

宮崎だと冬の大潮となると、潮位はマイナスになる日もある。

今年もよく見かけた。

釣りをしないでルアー拾いに夢中になってる人を…

ウェーディングあるある

最初は何をしているのかよく分からなかった。

ウェーダーを履いて入水してるものの、キャスト音など一切聞こえず、頻繁にヘッドライトの灯りが動いていた。

シラス捕りかと思っていたが、場所を固定することもなくシャローエリアを移動している。

細かな事は分からないが、シラス捕りをする方は基本、照らす位置は固定している。

何度か目撃する度にもしかすると…という気持ちになった。

他人がロストしたルアーを集めてるんではないかと…

聞くにも聞けなかったが間違いないと確信した。

私の中では正直、ルアーを探す行為に偏見があった。

自分であれこれ考えて、必要なルアーを買って釣るのが楽しいんではないか…

タックルに合ってなくて使えないルアーを拾ったらどうするんだろうと色々妄想していた。

確かに私も何度かルアーを拾った事はあるが、探してまで拾った事はない。

感覚としては自動販売機の下を覗いて小銭を拾うのと変わらない行為だと思っていた。



いつの間にか…

今月上旬の河川ナイトウェーディングでの出来事。

たまにはチニングよりもシーバスと思い、気になるポイントに初釣行で行った。

水深は不明で慎重に足元を照らす…

夜だった為、念入りにチェックしていると、ドラクエの宝箱のようにキラキラしてるものを見つけた。

水深は30cmくらい。

恐る恐る手を伸ばす。

妄想アングラーは宝箱を見つけた。

サルベージ85ESを手に入れた。

image

この時は嬉しいというより、

「え??そんなに深いの??」と初めての場所に、しかも夜で怖くなった。

その日はアタリがなかった。

しかし、それからというもの、この場所に来た時は真っ先にルアーを探している自分がいた…

お宝を探す気持ちが若干分かった気がする…

アングラーが居ると、堂々と探すことはまだ出来ないが、さり気なく探していこうと思う。

結局誰のルアーか分からないのであれば使って代わりに釣ってあげようという気持ちにまでなったし、拾う事で川が綺麗になるので良い事なのかもしれない…

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く


他のチニングのブログを見に行く

maxrap at 20:00 
その他