2016年04月10日

リアクションバイトをわかりやすく例える

TIG93_kabeniyorikakarujyosei_TP_V1




先月は思った通りに睡眠がとれたので、仕事前のチニング釣行が何度かあったが、今月は今の所は行けていない。

従って、チニングの釣行回数も先月よりは少なく、釣果も着いてこない。

今月はまだ2枚の釣果だがいずれもリアクションで釣った魚。

今回はリアクションをテーマに私の考えを話していこうと思う。
 
リアクションバイトとは…

リアクションバイト⇒ルアーに不規則な動きをさせることで反射的に魚がルアーにバイトすること。魚に食い気が無い時などでもルアーに不自然なアクションを加える事により、反射的にバイトしてしまう事。

これはどんな釣りでも当てはまると思うのだが、私が実践していて、よくあるのは手前付近の回収時に早く巻いた時によく起こる。

だいたいのイメージはできたはずだ。



妄想アングラー目線から

ふと感じた事があったのだが、リアクションバイトと男性が女性を見る視線が非常に似ているという発見をしたので今すぐにでも共有しておきたい。

早速だが、女性がジャージ姿で道路を歩いていたらまずどこを見るか…

ざっくり分けるんであれば顔、胸、お尻、見ないの4パターンに分かれると思う。

ジャージってのがポイントでスカートだったら当然比率は変わってくる。

ジャージの姿の場合だと目線を送るのは数秒で通り過ぎたら振り返ることはあまりないはずだ。

次に真夏のノースリーブワンピースを妄想してほしい。

腕と脚が露出して、ジャージとは大きく変わり、バイトしたくなる。

だが、こういうのはリアクションバイトとは言わない。

なぜなら、動き(アクション)が小さいからだ。

冒頭で説明したはずだ。

不規則な動きをさせることで反射的にと…

感のいい方は薄々気づいているはずだ。

そう、それだ。

「スカートで自転車漕いでるパターン」

この場合は正直、容姿はあまり関係ない。

自転車を漕ぐ脚とスカートが不規則な動きを与える。

我々は見ようと思わなくても反射的に視線はスカートの中へとドリフトさせてしまう。

このパターンはあくまで夏のパターン。

これからの季節、この気持ちになってリアクションの釣りを意識すればきっと釣果は上がるはずだ!!

健闘を祈る…

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く


他のチニングのブログを見に行く