釣り動画もやってます!
良ければチャンネル登録していただけると励みになります!


2018年03月22日

大谷フィッシュ(二刀流)

OOK85_neginitouryuu_TP_V1


予め、表題は大谷川ではございませんのでご了承下さい。

先日のミッドナイト釣行での出来事…

魚の居場所を見失っていた私は大淀川にいた。

チニングポイントの開拓へと初めて訪れたポイントでお決まりのソロ釣行…

そんな中、小さな出会いが訪れた…



釣行中に見知らぬ方と久々の会話が成立(独り言は除く)

「こんばんは」と男性のルアーマンが声を掛けてきた。

自分から声を掛ける事は決してしないが、声を掛けられたらノリノリで返す性質を持参している私は

「こんばんは!シーバスですか?」と話をし、色々な話をした。

と、ここまでは至って普通のやりとりなのだが、

「RBBSTYLEでツイッターしてませんか?」とまさかの展開に…

RBBウェア+チヌを探している=もしや…

となったのだろう。

勘違いの可能性もあるが意気投合した後、丁度見切ろうとしたタイミングもあり、その方に場所を譲る形でその場を後にした。

チヌを求めて…

きつい根回りや、保険でシーバスを視野に入れる事が多い為、新しいポイントには比較的固めのロッドを持っていく。

最近では新しくシーバスロッドも買ってはみたものの


使用頻度は圧倒的にLのモアザン、穂先もソリッドティップのメガトップ搭載と感度は悪くないが8.7fと取り回しに難があるため、場所を選ぶのも事実。

そのデメリットを犠牲にしてでもチヌとシーバスの二刀流を兼ね備えていると自負しているこのロッドは貴重な存在。


話は変わって、保険ポイントの橋脚明暗でシーバスを狙う事に。

暗部へ落として、上げ潮の流れに乗せて明部へ…それをロッドポジションとリトリーブで明部に行き過ぎないようコントロール。

比較的大きな魚は、沖の方に居る事が過去の実践データで入っている。

沈め過ぎてもルアーロストの可能性が高い為、piece-60をチョイス。

チョイスといってもこのルアーしか使わない覚悟。

このルアーが釣れるとかそういうのではなく、自分のタックルとキャスティングの中で、飛距離、精度ともに気持ちよく投げれるのが最大の理由。

勿論、フィールドに合ってるかなってのもあるけどね…

10分程投げ、合間に際チニ(際チニング)とローテしているとどうやら魚がやってきた。
ま、釣りは楽しまないとな。

ありがとうございました。



他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く


Twitterやってますので気軽にフォローしてください。
   
にほんブログ村 釣りブログ チニングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村