2016年03月27日

チニングと出会い系サイトが激似している件について

 

タイトルを見て「???」となった方もいると思うが、前夜、チニングに行ってきたので細かく比べてみよう。



開拓ポイントへ

夕方から暗くなる頃、上げ8分くらい~下げ始めに時間を絞った。

マイポイントは難く釣れそうなのだが、この時間だと退勤ラッシュが重なり渋滞で40分程の時間がかかるため、今回は近場の開拓ポイントにした。

このポイントは2回釣行して1枚釣れている。

その釣果のあった上げ一杯付近を狙う作戦。

潮回りも良く、インレットやストラクチャ等、変化のあるポイント。

イメージとしては…

image

右から3.5g、5g、7g、トレーラーの順。

手前の沿いやインレットは3.5g、少し飛ばしたいときに5g、広範囲をサーチ代わりに7gと準備。



一旦ブレイク

ここからが本題となるワケだが、私自身、チニングで一番楽しいと思えることはズバリっ!!!

【ショートバイトからのその後の展開】だ。

華麗にスルーされるのか、軽くアタり続けるのか、しばらく追ってきて手前付近でズコーンと行くのか、その後は運の要素もあると思うが、駆け引きの腕も少しは必要なのかもしれない。

ある出会い系サイトがあって有料会員になったとしよう。

毎月お金を払うのはチニングも一緒なワケであって、更に3.5gのルアーは手前付近を探ると言った。

出会い系で例えるなら、

「近場で遊んでくれる人いませんか?」
となる。

断言してすまない、私の妄想ではそうなった。

7gならどうだろう。

「宮崎県内で今から遊べる人募集してます」

これまた妄想ではそうなった。

派手なカラーだったら職業はホストで、地味なカラーなら職業は工場内でコツコツ働いているイメージが浮かんだ。

そう考えるともっとチニングが楽しくなるんではなかろうか…

本題です

風、気温、水温とも何かあっても何ら不思議ではない状況に3.5gのタンクヘッドで手前を探る。

10回ほど投げるが反応はない。

この時は何故かポジティブ思考で、居ると思うんだけどなという感じ。

5gで少し遠く(市内全域)に投げた。

最近はロストを恐れてるのかただ巻きはあまり使用せず、アクション(高級車に乗ってるよ)つけたり、早巻きからのストップを多用するスタイル。

ポイントの範囲は広いので少しずつ移動しながら撃っていく事にした。

10mほど移動した1投目!!

タンクヘッド5gにウェーバーシュリンプ(工場勤務)を早めに巻いていた時に、軽めの

「コココンっ」(ホテルは行かないけど遊ぶだけなら)

多少警戒気味のショートバイトがあった。

一度シェイク(ホテル行こうよ)してみた。

ゆっくりと竿が重くなっていき(迷った挙句にホテル了承)アワセを入れた。

image

チヌにも心があるのかもしれない…

ありがとうございました。



九州の釣りブログを見に行く

他のチニングブログを見に行く