2017年03月05日

夜勤前の河川調査勤務

JS745_kondejisakuratoru_TP_V1


宮崎も最近は氷点下を記録することもなくなり、若干ではあるが暖かくなってきた。

仕事前の小1時間、1番の目当ては「魚が付くようになったか」を確認するため、ホーム河川に足を運んだ。

暖かくなってきたので河川調査

気温は6℃で無風状態、個人的に良い潮周り、この状況で何も起きなければまた日を改めればいいと楽観的に準備を始める。

定番のMKリグ(茄1号3.75g)、ウェーバーシュリンプで様子を伺う。

水中でどう伝わるか不明だが、テキサスリグで探るよりロッドに伝わる情報量はMKリグ。

2、3時間で1回あるかないかのバイトが開始15分で訪れるも、絶対追ってこないショートバイト。

強めのバイトも混じるが食いが浅いのか、はたまた食おうとはしていないのか乗せる事が出来ないでいた。

滅多にリグを変えないのだが、テキサス3.5gに切り替えた。

ロッドに伝わる情報がテキサスの方が上品と感じたからだ。

ワームを小さく地味なカラーへ、動きも抑え気味なアクションで誘う事にした。

ただ、テキサスは針が曲がるのではないか、針先を極限まで隠すことできっちり乗せる事が出来るのかという不安はあった。

ステイ中にティップが「グンッ」と落ちるくらいの強いショートバイトも相変わらず乗らないが、この時点で魚が戻ってきたという収穫だけで満足していた。

アタリがあって粘るのも手段だが、私の実践上、ランガンしても結構チヌは居る事が多い。

ランガンを決行し(ランガンと言っても左右50m圏内)ショートバイトに苦しんでいると、突然、大きなゴミを拾った感覚が伝わった。

ただ、魚の生命感は皆無で私もゴミと確信出来ていない為、ロッドをジワーッと起こしながら超デッドスローでリールを巻いた。

おかしい…

少しの違和感も与えず食わせて、そのまま走ってないパターンかと思い、違和感から7、8秒でアワセた。

40はありそうな重さとアジングロッドが曲がり、トルクが凄い。

だが、セカンドアタックまで耐えれば、以外と勝負は早い。

image

ワームはベビードラゴンでテキサスはストッパーは付けない派。

ロッド:BlueCurrent 76TZ ブルーカレント  
リール:16ストラディックci4+2500HGS
ライン:Rapala(ラパラ) ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
リーダー:山豊テグス フロロカーボン FAMELL10lb
スナップ:エバーグリーンワイドスナップ #1

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く