2016年02月04日

~風ルアーって結局の所どうなの??

YUKA150701098458_TP_V1
 

たまに見かける~風ルアー。

一体どうなんだろうと気になっている方もいると思うので軽くインプレしてみる。

実釣兼ねてのインプレ

下の画像は未開封のレンジバイブ風のルアー4個。

image


元々は10個セットを2500円くらいで購入。

3つはタックルボックスに入ってて、あとは会社仲間に号外のように配った。

早速、釣行で使用してみた。

ちなみにこのルアー、55mmで10gくらいなのでレンジバイブ55とほとんど変わらない。

飛距離は結構飛ぶ。

レンジバイブ55とほとんど変わらないくらい飛ぶので飛距離に関しては問題ないだろう。

泳ぎはというと、時々不安定になるのが伝わるが、変化をつけるという意味ではいいんではないかな。(私の動かし方に問題があるのかも。)

レンジバイブのような安定した泳ぎは感じられなかった。

1番感じたのは、フック系。

スプリットリングは1回(2時間くらい)の釣行で結構な錆びが出ていた。(しかもリングがでかいんだな、これが)

会社仲間が目の前でシーバスにフッキングをして乗らなかったのを見るとフック交換もした方がいいのかもしれない。

以外だったのが、塗装が剥げにくいこと。

タックルボックスに入ってるルアーは全くと言っていいほど塗装は剥がれていない。

話をまとめると、根がかりが多い場所にはロストを恐れずに投げられて、実際に周りで釣ってる人もいるので、選択肢に入れてもいいと思う。(フックは確認)

フック変更前提なら、1個あたりは400円くらい。

それを良いか悪いか、考えるのはアナタ次第です。

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く


maxrap at 20:00 
インプレ