2017年03月02日

アウェイの洗礼を30%だけ浴びる

PAK_attaka9V9A7707_TP_V1


暦では春だと言うのに、まだ寒い今日この頃。

仕事が若干慌ただしく、元々少ない体力の減少を最少に防ぐため、遠征を控え、ホーム河川をメインに釣行。

2月になり急激に釣果は乏しく、気分転換に新規開拓チニングをしてみた。

初場所で考える事

ホーム河川は5㎞圏内、遠征になれば片道70~80㎞(それでもこんなもん)

プチ遠征と題し、別の河川でチニングをすることに…

私は主に流れの速さ、ボトム形状で釣り方を変える。

初場所で探る場合は、MLクラスで15gまでは投げれるロッドが丁度良い。

私がホーム河川で使用するロッドはMAX7gまで、当然7gをズル引くには重さを感じ、流れが速いとリグを重くすることが出来なくなる。

よってホーム河川では3.5gがメイン。

何度かこの別の河川で釣りはした事があり、妄想から上げ半分~下げ始めでエントリーした。

ズル引き初体験、だから30%はアウェイみたいなもんだ。

どんな大物が掛るか、ボトム形状が不明な為、普段よりラインは太くした。

ロッド:CRKクロステージ78ML黒鯛  
リール:14カルディア 2508H
ライン:よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 0.8号
リーダー:DUEL パワーリーダー ナイロカーボン 16lb

ホームだと手軽なMKリグを使用するが、根掛り回避性能とノープラグプランを優先で今回はテキサスリグ5g~徐々に重くしていく。

MKリグの利点はスナップを使用することでウェイト変更と、プラグへの切り替えが容易な事。

テキサスリグは根掛り回避性能は素晴らしいが、ウェイト変更、プラグへの切り替えの度にノットを組まなくてはならない。

予め準備をすることで解消はされるのだが、正直面倒。

そんな私のアツい想いはほっといて、まず、11時の方向に投げる。

帰宅する時間は14時。

巻くスピードを早めて帰宅位置をずらし、しばらく様子見た後に7gに変更。

ワームはベビードラゴン2インチ、テキサスリグだと個人的に装着しやすいからという理由だけでチョイス。

10数時間ぶりのバイト!!!

も、久々の大興奮状態で早合わせですっぽ抜けてしまった。

そういう日はまず後が続かない。

ランガンしていると着水直後に深く引っかかるエリアに遭遇、ノットを何度も結び直し、この場所にノットの練習に来たんだっけ??と問いかけから苛立ちに変わる。

釣りはこういう事で苛立っても面白いから不思議だ。

明暗部に差し掛かり、藪漕ぎとかのレベルではなく、周辺の草が燃やされていた。

スレまくりだと思うとシーバスを狙いたい気持ちも治まった。

明部ではベイトが確認でき、そのベイトがルアーを小突く。

引っ掛かりそうになるのを交わしながらズル引く事しばし…

アタリは弱いが明確なバイト!!!

image

メインで使用することはないが、居酒屋メニューの枝豆的なイメージのチヌ職人。

アウェイの洗礼は気持ちが良いな…

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く