2016年12月09日

静ヘッドにグラスミノーでライトゲーム

image



ブログの更新頻度が著しく悪い。

単純な理由で、サーフフィッシングでかれこれ10数時間は釣果がないからだ。

この時期の宮崎のサーフエリアとなると平日の昼間でも人だらけ。

20m~30mおきの間隔で釣りをしている。

そのせいか、沢山の人と話をした。(自ら声はかけないが…)

「昨日はヒラメ上がってたよ、さっきまで青物(サゴシ)がに接岸して何人か釣ってたよ」とか…

データ表示器のない昔のパチンコ屋が思い浮かんだ。

「前の人が10連チャンして8箱持って帰ったよ…」

限りなく近いイメージ。

おじさん方達は釣果情報を教えてくれ、私より若いルアーマンは釣果情報よりもマナーが良い。

何度か

「こっちで投げても良いですか??」と言われ、結局は「イエス」と答えるしかない状況を作っているかもしれないが、勝手に投げるよりはよっぽどマナーが良いと思う。

アングラーと関わるのが嫌いで一人で気ままにやるのがマイスタイルで新鮮に感じた最近の釣行。

最干がAM7:00の70cmの若潮に、潮位が少ない時のみ入れるポイントへと気分転換にライトゲームに行ってきた。

ソゲング??

朝マヅメ、AM6:15。

薄暗くなる頃、ポイントに到着。

基本はワーム主体ソゲ、メッキ、チビレ、セイゴとターゲットは多い。

使用タックル

ロッド:クロステージ782ML黒鯛  
リール:16ストラディックci4+2500HGS
ライン:Rapala(ラパラ) ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号
リーダー:山豊テグス フロロカーボン FAMELL10lb
スナップ:エバーグリーンワイドスナップ #1

静ヘッド7gにグラスミノーM、デルタマジック5gにマナティー38の2パターン、それにペンシルを2本ほど。

まずはトップを丁寧に探るが何もなし。

一通り投げ倒してワームへとシフトチェンジ。

静ヘッド1投目のフォール中にコツン。

image

評価の高いこの組み合わせだが、釣果以外に素晴らしい点がある。

それは、スナップの付けやすさ。

コアマンのパワーヘッドだと穴が極端に小さく、かなり無理ゲー感がある。

image

グラスミノーは泳ぎに拘りは全くなく、単にズレにくく付けやすいのが最大の評価。

使い方は任意の水深まで落とし、巻いてくるだけで結構釣れる。

image

一通りレンジを通し、ライトワインドへとカラーも赤系からクリア系へと切り替えた。

image

ボトムをとって2~3回ジャークさせて落とす。

9割はフォール中で食ってくるが、着底後にバイト。

予想通りのソゲ。

image

首を振らないのとチヌに比べると引きがだいぶ弱い。

でもライトゲームも面白いわ。

ありがとうございました。

他の九州の釣りブログを見に行く

他のチニングのブログを見に行く

他のソルトルアーのブログを見に行く